家政婦のミタ あらすじ 2 - 主婦の平凡な日

家政婦のミタ あらすじ 2

家政婦のミタの2話のあらすじ

恵一は三田に自分のせいで妻がしんだことを告白。
そのことは子どもには言わないでほしいと頼む。
三田は「承知しました」といい何事もなかったように
仕事をこなしていきます。

子ども達は何でもこなす三田に興味を持ちだします。
ミタは、スーパーでの合計額の計算が速かったり
希衣の保育園の友だちの名前を覚えるなどなど。

⇒家政婦のミタはこちらです。     (楽天)


そんな中、海斗は、カンニングをさせろと強要したり、同級生をいじめる悪友の古田に“お灸をすえて欲しい”と頼みます。
三田は、古田が万引きをしようとしたところに表れてパンチします。
そして解雇されることに w

心配したうららが、クラスメイトに説教して騒動を大きくしてしまいます。

それから海斗はいじめのまとになってしまい学校に行きたくないという。
そしてある日古田に呼び出され、海斗はミタに責任をとって古田を殺すように命じる・・。

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230936707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
出会いが欲しい
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。